印刷する

成績評価・卒業要件

成績評価

授業科目にはそれぞれ「単位」数が定められていますが、1単位は45時間の学習活動を意味します(授業科目の単位数は、1単位の授業科目を45時間の学修を必要とする内容をもって構成する─大学通信教育設置基準より)。

単位の修得

授業科目には1単位、2単位、4単位、8単位などの単位数が科目の内容によりそれぞれ決められています。各科目の課題に応じ、エクササイズ(WEB小テスト)の受験やレポートを提出して履修を進め、単位認定試験に合格することで所定の単位を修得します。

評価

単位認定試験の評価は次のとおりです。C以上は合格で単位修得となります。

合否 評価 点数
合格 S 100~90
A 89~80
B 79~70
C 69~60
不合格 D 59以下
X 履修途中の単位を修得していない、または履修放棄

学習方法がST(スクーリング・テスト科目)、SR(スクーリング・レポート科目)、STR(スクーリング・テストレポート科目)の場合、スクーリングと自宅学習それぞれの評価の平均点が科目の評価となります。

GPA(Grade Point Average)制度について

GPA制度は、学生個々の履修科目ごとの成績をGPAポイントに置き換えて学習到達度を客観的に評価するもので、学習指導等で活用されます。GPAの算出方法は次のとおりです。なお、認定された科目(評価が「認」の科目)はGPA対象外となります。

※ 履修登録科目の単位合計

  • 各年度で履修登録した科目の単位の合計です。
  • SR(スクーリング・レポート科目)、ST(スクーリング・テスト科目)、TR(テストレポート科目)、STR(スクーリング・テストレポート科目)を次年度に履修期間の延長をする場合は、スクーリングまたは自宅学習のいずれかの単位認定試験に合格している場合でも履修登録科目の単位合計に加算されます。ただし、入学初年度は原則として履修登録を行いませんが、エクササイズやレポートを1課題でも受験・提出することで履修登録をしたと見なされます。
  • 秋入学生の初年度は履修期間が半年間となりますのでご注意ください。

卒業要件

卒業所要単位は124単位(認定単位を含む)です。

1年次入学生は卒業までにスクーリング単位(※)を30単位修得が必要です。また、3年次編入学生・4年次編入学生の包括認定単位とは、56単位および90単位分の単位を既に修得しているとみなし、入学時に認定している単位です。

前期卒業については事前申請が必要となります。後期卒業については自動的に要件に達することで卒業となります。

※スクーリング単位:科目に合格しているスクーリング単位。学習方法ST(スクーリング・テスト科目)、SR(スクーリング・レポート科目)、STR(スクーリング・テストレポート科目)ではスクーリングに合格しても、自宅学習に合格しない場合は卒業所要単位に算入されません。

卒業要件は学科・専攻・専修および入学区分(1年次入学/3年次編入学/4年次編入学)により異なります。