印刷する

国語科専修

img_kokugo_top.jpg

中学校教諭一種(国語)、高等学校教諭一種(国語・書道)の免許状取得を目指す

国語科専修では、中学校教諭一種(国語)、高等学校教諭一種(国語・書道)免許状の取得を目指す教職課程の科目を中心に、カリキュラムを編成しています。また、スクールカウンセラーが配置されるようになり、教員には心理学の視点も求められています。既設の人間科学部人間科学科の一部科目を履修することにより、人間の心により深い理解をもつ人材の育成を目指します。

取得できる学位 学士(教育学)
取得できる免許 中学校教諭一種(国語)
高等学校教諭一種(国語・書道)
入学時期 春入学:4月  秋入学:10月

カリキュラム

2020年度 カリキュラム

2020年4月1日 現在

教員免許状取得に必要な科目

すでに教員免許状をお持ちの方(過去に教職課程を履修した方)

3年次編入学のカリキュラムには卒業要件としての必修科目はありませんので、同校種他科目や隣接校種の免許状取得、二種から一種への上進など、様々な目的に応じて免許状申請に必要な科目のみを修得することができます。なお、一種免許状の取得には大学卒業が必要ですので、大学を卒業されていない方は必要科目の単位修得とともに本学を卒業することが必要です。
必ず免許申請をする都道府県の教育委員会に不足する科目を確認してください。

免許状取得に必要な単位

区分 中学校一種 高等学校一種
教科及び教科の指導法に関する科目 28 24
教育の基礎的理解に関する科目 10 10
道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目 10 8
教育実践に関する科目 7 5
大学が独自に設定する科目 4 12
合計 59 59

教育職員免許法施行規則第66条の6に定められている科目について

出身大学(または短期大学)で修得していない場合は、必ず履修する必要があります。

免許法施行規則に定める科目区分 本学の開講科目
科目名 学習方法 単位数
日本国憲法 教育法規(日本国憲法) T 2
体育 ウエルネス演習 SR 2
外国語コミュニケーション 英語コミュニケーション① T 2
情報機器の操作 メディアコミュニケーション④ R 2

介護等体験について

小学校・中学校の教諭一種免許状取得希望者は、単位修得に加え7日間の「介護等体験」が必要です。

本学国語科専修で開講している科目と免許法施行規則に定める科目の対照表

免許法施行規則に定める科目区分等 本学の開講科目
各科目に含めることが必要な事項 授業科目
(太字は一般的包括的内容を含む科目)
単位数 備考
教科及び教科の指導法に関する科目
教科に関する専門的事項
[国]国語学(音声言語及び文章表現に関するものを含む。) 日本語学概論 A・B 4
[国]国文学(国文学史を含む)/[書]国文学、漢文学 古代文学 2
中古文学 2
中世文学 2
近世文学 2
近代文学 2
現代文学 2
日本文学特講Ⅴ(近代・現代の作家と作品) 2
日本文学特講Ⅵ(戦前・戦後の作家と作品) 2
[国]国文学(国文学史を含む) 日本文学史Ⅰ(古典) 2
日本文学史Ⅱ(近・現代) 2
[国]漢文学/[書]国文学、漢文学 漢文学 2
[書]書論、鑑賞 書論・鑑賞 2
[国(中)]書道(書写を中心とする)/[書]書道(書写を含む) 書道 2
[書]書道(書写を含む。) 書道学特講Ⅰ(書道漢字) 2
書道学特講Ⅱ(書道仮名) 2
[書]書道史 書道史 2
各教科の指導法(情報機器及び教材の活用を含む。)
国語科指導法 A 2
国語科指導法 B 2
国語科教育法 A 2
国語科教育法 B 2
書道科指導法 A 2
書道科指導法 B 2
書道科指導法 2
教育の基礎的理解に関する科目
教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想 教育原理 2 必修
教職の意義及び教員の役割・職務内容(チーム学校運営への対応を含む。) 教職論 2 必修
教育に関する社会的、制度的又は経営的事項(学校と地域との連携及び学校安全への対応を含む。) 教育の制度 2 必修
幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程 発達心理学1 2 必修
発達心理学2 2 必修
教育心理学 2 必修
特別の支援を必要とする幼児、児童及び生徒に対する理解 特別支援教育 2 必修
教育課程の意義及び編成の方法(カリキュラム・マネジメントを含む。) 教育課程論 2 必修
道徳、総合的な学習の時間等の指導法及び生徒指導、教育相談等に関する科目
道徳の理論及び指導法 道徳教育の理論と方法 2 必修
総合的な学習の時間の指導法 特別活動及び総合的な学習の時間の指導法 2 必修
特別活動の指導法
教育の方法及び技術(情報機器及び教材の活用を含む。) 教育の方法と技術 2 必修
進路指導及びキャリア教育の理論及び方法 生徒指導・進路指導論 2 必修
教育相談(カウンセリングに関する基礎的な知識を含む。)の理論及び方法 教育相談 2 必修
教育実践に関する科目
教育実習 教育実習【中学校・高等学校】 3 必修
教育実習【中学校】 2 必修
教職実践演習 教職実践演習(小・中・高) 2 必修

講義内容

共通科目は全学部・学科共通です。

教育法規
教育法規(日本国憲法) 学校という組織そのものや学校で行われる教育の形態や内容などは、教育に関する法律やその根底にある憲法などの「ルール」によって決められている。また、そのルールひいては教育そのものが日々変化していく。教育は常に変わり続け、自身が先生になったときに行う教育は、自らが受けてきた教育とは異なったものになっている。そのため「自身が受けてきた教育がどこまで『今』に通用するのか」「日本の教育が何を目指しているのか」を認識するために、ルールを学ぶ必要がある。 上記の問題意識に基づいて、教育者として必要な基本的ルールを理解することを目標として、日本国憲法・教育法規を学ぶ。
学科基礎科目
発達心理学1 生涯にわたる発達を、遺伝と環境の2つの要因の影響という観点から概観し、特に乳児期から児童期の発達について、知覚、認知、言語、社会性などの領域に分けて具体的に解説する。障がい児の発達と学習の過程を説明する。さまざまな発達理論についても触れる。
教育原理 本授業では、教育の理念や思想及び歴史等、教育の様々な側面について原理的に考察することを通して、教育にかかわる基礎的な内容を構造的に学習します。
学科基幹科目
教育心理学 条件づけ、観察学習などの基礎的な学習過程に関する知識を獲得した後に、実際の教育場面における児童の学習の問題を心理学的に分析する。具体的には、スキーマ、メタ認知、適性・処遇交互作用などのトピックを取り上げる。また、障がい児の学習の特性や教育の方法についても触れる。
発達心理学2 児童期・青年期・成人期の発達を概観し、それぞれの領域における重要な理論と関連づけて解説する。障害児の発達についても触れる。そのとき、常に文化的な背景を意識するようにする。最後に、米国と対比したときの日本のしつけ方略の特徴をまとめる。
教職論 この科目では、学校教育における専門職としての教師の役割や教職の意義、服務や日常の職務内容及び研修、さらに進路選択に資する学習内容の提供をとおして、教育職に関する基本的な理解を得ることを目的とする。 具体的には、幼児期から青年期に至る子どもの成長や各段階での学校教育をめぐる諸課題をとらえ、教員としてのかかわり方を分析できる力を身につける。
教育の制度 この科目では、現代日本、特に平成18年12月の教育基本法改正を踏まえた教育制度について、法令上どのように規定されているかについての知識を得ること及びどのような課題が残されているのかについての知識を得ることを目的とする。
教育課程論 学校教育における教育課程(カリキュラム)の基本的な概念を着実に理解し、教育課程をめぐる課題を多角的な観点から考察する。具体的には、教育課程の概念をふまえ教育課程編成の類型と実際、教育課程の歴史的な展開、教育課程の現代的課題を扱う。
学科展開科目
中等教育関連科目群
特別活動及び総合的な学習の時間の指導法 各教科・道徳・総合的な学習の時間ととも に教育課程の一領域を構成する特別活動について、その目的・内容・方法およびその今日的課題について考察するものである。特に、特別活動を通して育成をめざしてきた生徒の主体性や実践力獲得という課題は今後ますます重要視されるという認識に立ち、特別活動の時間が青年期の人間形成において十分に役割を果たすための学校組織づくり、指導体制づくりについて検討する。
道徳教育の理論と方法 人間にとって道徳とは何かという課題を深めることで、学校における道徳教育の意義と役割、さらにはその内容を多角的かつ構造的に理解できるようにする。具体的には、道徳教育の歴史的な変遷とその課題、中学校及び高等学校における道徳教育の内容と実践、道徳と宗教との関係をめぐる問題、更には現代教育における道徳教育の課題について検討することで道徳教育を担う教員としての視座を育成することを目標とする。
教育の方法と技術 現代の教育政策や教科教育の原理となっている教育理論や方法、技術について理解することを目的とする。教育の方法・技術に関わる諸概念、教育方法の理論と歴史、授業における教師の役割と指導技術、教育メディアとその活用等について学ぶ。
生徒指導・進路指導論 生徒指導の目的と内容、生徒指導の位置づけ、生徒指導体制、法制度、教育相談、進路指導、問題行動の指導など、生徒指導についての基礎知識を習得し、生徒指導の「全体像」をつかむことを目指す。また、「いじめ」、「不登校」、「暴力行為」、「発達障害」などの諸問題についても適切な知識を学び、自分なりの考えを持つことを目指す。
教育相談 子どもは学校生活において、様々な問題・危機に出会う。その解決を支援するために必要な「適切に状況を把握する方法」や「具体的な対処法」について考えていく。特に「共感的理解」、「自己一致」に焦点化し、日常の家庭生活においても役立てられるような知見に触れる。
特別支援教育 障害を持つ子どもに接するとき私たちが無意識にもつ考え方を意識化して捉え、障害を多面的に捉えるようにする。障害を持つ子どもの教育について、基礎知識を習得する。また、総合保育や小学校、中学校、高等学校における特別支援教育における子どもたちの育ちの様子や支援の方法、保育者・教師のあり方、他機関との連携について理解する。
指導法関連科目群
初等国語科指導法 「話すこと・聞くこと」、「書くこと」、「読むこと」、「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」の指導方法を深めることによって、小学校教員として必要な国語科の指導力を養成する。様々な言語活動を通じて、児童の言語能力を高めるための方策を探る。ねらいが明確で、6年間を見通した指導ができる力を育成することを目指す。
国語科指導法 A 実際に教壇に立つことを念頭に置きながら、国語教育の理念・目的を学び、作品を教材としての視点から検討する方法を学び、教材観を深める。 そのさいに教材を、どのような領域に属するものとして考えて扱っていくのかを理解し、それを実際の教材づくりに生かせるような基本的な枠組みとなる考え方も理解する。
国語科指導法 B 指導法Ⅰの内容を引き継いで、実際に授業を組み立てていく際の授業での指導方法のあり方・評価のあり方といったものを学習する。また、国語科の新しくなされつつある授業実践の動向を学習したり、国語科教師となったあとの研究方法のやり方を身につける端緒も学習する。
国語科教育法 A 「国語科教育法Ⅲ」では、中学校・高等学校の国語科教師を目指す3年・4年生を対象に教育実習や教員採用試験を見据えて、「学習指導要領」の内容を中心に具体的な授業実践につながる学習をする。
国語科教育法 B 指導法Ⅲに引き続き、実際の国語教育の授業の考え方や組み立て方、教材分析の方法・学習者分析の方法などを理解し、国語科の授業を組み立てていくやり方を学習する。加えて、将来教壇に立ったときに自己研鑽を行なう基礎となる研究方法・事項や参考文献の学習も行なう。
書道科指導法 A 中学校では国語科の書写、高等学校では芸術科の書道として教育の現場で存在する「書」について、その意義や歴史などに触れながら、教師になるにあたって身につけておかなければならない基礎知識や板書の技法などの学習を進めていく。 さらに、実際の教育現場に立った場合に必要な教育機器の使用法にも触れてみる。
書道科指導法 B 教科書からその教材の意図する具体的なポイントを読み取れる力を付けると共にその指導の仕方を学習する。学年にあった教材の作成を試みると共にその評価の方法を学ぶ。
書道科教育法 この科目では、将来、書道教育に携わろうとする者にとって必要な能力と素養を高め、教育実習に備えて、書道教育への認識を深め、実践力を身につける。高等学校芸術科書道への対応に主体をおく。
教科・基礎技能関連科目群
国語(書写を含む。) 国語科はどのような教科なのか、日本語の特質や言語文化はどのようなものなのか等について、文献や資料等を基に全般的な考察をしながら、国語科教育の意義や役割について理解する。また、国語についての一般的な知識や基礎的素養を身に付け、国語力の向上を図れるようにする。
日本語学概論 A・B 日本語を母国語としている日本人として、知っておかなければならない日本語の基礎知識を修得する。 日本語の歴史やその変遷を知り、日本語の構造や生成を考え、日本語学の基礎を理解する。 主に、日本語の「文字」及び「音声」をテーマとして扱う。
古代文学 上代の代表的な作品である『古事記』と『万葉集』を読み解く。そのなかで文学の発生並びに文字に定着していく上代文学の様相を学んでいく。
中古文学 平安時代の様々な作品及び文化的な知識を学ぶ。 作品のなかに込められた表現装置としての文化を読解する力を身につける。
中世文学 ・中世文学・文芸の様々な作品に触れる。
・中世文芸の展開を把握する。
近世文学 井原西鶴の作品を中心に学びつつ、近世文学の特質を理解する。
近代文学 様々な作品にふれながら学び、日本の近代文学の流れについて理解する。 明治大正から昭和までの文学史をつくってきたのは、どのような思想と表現なのか、小説、詩など、いろいろな作品を読みながら考える。
現代文学 様々な作品にふれながら学び、日本の現代文学の今日的な問題について理解する。 現代文学をつくっているのは、どのような思想と表現なのか、児童文学を軸に考える。
漢文学 漢字訓読法の理解とその能力の養成、さらに漢文学作品の読解を通してその文学的な面白さを知る。また、その漢文学作品の背景となっている文化的、歴史的な事柄についても知る。日本文学に影響を与えたその漢文学作品を読解し、日中比較文学的な考察をも試みる。
書道 毛筆・硬筆の書写の学習や、古典の名筆や碑などに刻まれた文字の書法研究を行なう。書写書道教育に携わろうとする者や広く教養を身につけようとするものを対象とし、文字構成の基本的な楷書や行書を学修する。
書道史 中国における太古から現代までの書道の歴史(中国書道史)を知ることによって、今日私たちが用いている漢字がどのように現れ、どのように変遷して今日の姿になるのか、古代から時代順にたどる。その各時代の書の特徴やその美について学習しながら、書体や字体の変遷を学ぶ。各時代特有の書風や考え方を歴史と共に学ぶことによって、書に対する理論面をさらに深化することを目的とする。
書論・鑑賞 書に関しての美学・歴史・批評・書法など、書の本質について論じられた「書論」を学び、書作品の「鑑賞」を通して、書に対する理論的理解と感性を養う。代表的な書論である孫過庭『書譜』などを 読み、中国と日本の書論の展開を学習する。また、中国や日本の古典と呼ばれる名品鑑賞を通じて、その美や鑑賞法について学修する。
教科・応用科目群
古代・中古文学研究 ・古代伝承読解のための方法を修得し、自ら古代伝承を読み解く能力を涵養する。『古事記』中巻講読。
・日記文学の代表的な作品『蜻蛉日記』の上巻・中巻を対象に、注釈並びに読解方法を学ぶ。また、日記文学の表現を分析するテクニックを学びながら、和歌や文化的背景の調査方法を習得する。
中世・近世文学研究 『平家物語』を通して、中世仏教文学の概念を具体的に把握すること。 時代背景としての信仰のあり方を理解すること。 「(江戸時代の)小説をどう読むか」という根本的な問題について、常に考えながら作品を読む姿勢を身につける。江戸時代に執筆された読本、上田秋成の『雨月物語』を読み、主題、登場人物、表現手法、典拠、構成上の特徴などについて読み解く。
漢文学研究 漢詩を読み、鑑賞するための基礎的な能力を培う。日本での享受など、漢詩が日本文学に与えた影響についても知る。漢文を読解し鑑賞するとともに文学性を追求する。日本で好まれた楊貴妃の伝説を取り上げ、その中国における生成と発展を追う。
児童文学 1.日本児童文学の創生期から大正期の日本児童文学について。
2.児童文学の諸分野について。
3.現代児童文学について。
4.児童文学の周辺についての順番で学んでいきます。
各部において、取り上げられている作品を講読しながら作品の背景にある「子ども観」の変遷と社会状況の変化を踏まえ、児童文学の特質について考察する。
文芸創作研究 数々の優れた芸術作品から創作の技術を学び、ものを見る目、ものを書く目を養い、想像力、創造力、文章力を高めることを目標とする。小説、戯曲、児童文学、映画などのさまざまな作品を鑑賞し、創作をする上での表現力、描写力、構成ほか、ベースとなるテクニックを習得していく。また、それらを活用して、短編を完成させる。
書道探求 篆書の書法と篆刻の技法を研究、習得する。漢字のルールをたどりながら古代の文字の書法を探究する。
書道各論 隷書の書法を習得すること。また、効果的な筆法や墨色、構成を探究し、漢字の書や漢字仮名交じりの書などいろいろな創作作品を書くことができるようになること。
実習科目
教育実習【中学校・高等学校】 現場の先生方のご指導のもと、中学・高校の教員の一人として日常の教育活動に参加し、研修と学習を通して教育者としての使命を自覚し、実践する力を高める。
(1)学習指導計画を立て、授業を構想し、学習指導案を作成する。
(2)授業展開の方法や指導技術などを学ぶ。
教育実習【中学校】 現場の先生方のご指導のもと、中学・高校の教員の一人として日常の教育活動に参加し、研修と学習を通して教育者としての使命を自覚し、実践する力を高める。
(1)学習指導計画を立て、授業を構想し、学習指導案を作成する。
(2)授業展開の方法や指導技術などを学ぶ。
教職実践演習(小・中・高) この科目は、教職課程を履修する者の履修履歴とその状況を踏まえ、教師に必要とされる知識技能並びに資質・能力の修得したことを確認する。特に、教育の本質と目的を的確に理解し、教員に必要とされる資質・能力である「教員としての基礎的教養」「社会人としての基礎的素養」「専門職としての知識・技能」のあり方の検討を通じて、今後の教育改革と教員養成の方向性を構造的に捉える視座の育成を目指す。
他学部他学科履修科目
日本文学史Ⅰ(古典) 古典文学の基礎的な知識を学びます。同時に文字の歴史、社会的な事象についても文学と絡み合わせながら考察します。また、時代背景・文化的な要素・表現などについて、和歌・物語・日記文学を対象に、全般的な知識を修得します。
日本文学史Ⅱ(近・現代) 明治大正から1970年ごろまでの近現代文学史をつくってきたのは、どのような思想と表現なのでしょうか。詩、小説、評論など、いろいろな作品を読みながら考え、文学史の流れをたどります。
書道学特講Ⅰ(書道漢字) 中国の楷書と行書の書法が日本に与えた影響を学習しながら、いろいろな発展的な楷書と行書の書法を研究する。
書道学特講Ⅱ(書道仮名) 仮名の基本である平仮名の単体・変体仮名・連綿を小筆を使って書き、仮名の線に慣れる。 古筆を臨書することで、仮名の流れや構成を学ぶ。
日本文学特講Ⅴ(近代・現代の作家と作品) 小説や詩を精読し、それを成立させている構造や方法を見極める。小説や詩の中に配置された一つ一つの言葉の機能に注目するとともに、そこに織り込まれた歴史性についてあぶりだしていく。文学とは何か、文学作品を「読む」とはどういうことなのか、ということについて随時考え、それをみずから表現できるようになる。
日本文学特講Ⅵ(戦前・戦後の作家と作品) 小説や詩を精読し、それを成立させている構造や方法を見極める。小説や詩の中に配置された一つ一つの言葉の機能に注目するとともに、そこに織り込まれた歴史性についてあぶりだしていく。文学とは何か、文学作品を「読む」とはどういうことなのか、ということについて随時考え、それをみずから表現できるようになる。

武蔵野大学で学ぶ