武蔵野大学大学院 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学院です

印刷する

仏教学研究科 仏教学専攻

専攻紹介

#

近代的思考のはらむ社会問題に、解決のみちしるべとなり得る仏教の学識

形あるものを追い求めてきた現代文明の生んだ、形のない問題の数々は、人間の生き方や人生の根本的意義、こころの動きや病的な変容にまで至り、本学はこうした現代社会の抱える今日的課題に対して解決のみちしるべとなり得るひとつの方法が仏教であると考えます。近年、仏教は自己修養やこころのケアといった分野で注目を集めており、実務や臨床の現場において仏教思想の応用が期待されています。こうした理由から、本研究科の育成する人材需要はあると考えます。

本研究科では古代から現代に至るまでの仏教の歴史とその思想を専門的に修得し、人間の持ちうる根源的苦悩と、近代的思考のはらむ社会的諸問題に対して真正面から受け止め、仏教の精深な学識をもって自ら考えることのできる能力を養い、仏教の真理観、人間観に立って実践的に解決できる人材を育成します。

学位 修士(仏教学)
修業年限 2年(最長在学年数:6年)
入学定員 20名
入学時期 4月

学習方法(S・SR・R)

スクーリング(S)、スクーリング・レポート(SR)、レポート(R)のうち、科目ごとに設定されている学習方法からいずれかを選択して学習します。学習方法が1つの科目は選択できません。

スクーリング会場

スクーリング会場:有明キャンパス

※一部の科目は武蔵野キャンパスで実施

開講方法および日程・時間割は科目によって異なります。

修了要件

32単位以上(必修:16単位/選択:16単位以上)

2年以上在学し、必修12単位を含む28単位以上を修得し、かつ特定課題研究演習(4単位)の成果の審査および試験の合格が必要です。

特定課題研究演習は、1年次の「人間学特講」および「仏教史特講」の単位修得、ならびに履修前年度の指定された日までに研究計画書を提出していることが履修条件となります。

カリキュラム

2019年度カリキュラム(予定)のため、開講科目と学習方法は変更となる場合があります。

開講年次 科目区分 科目名 単位数 学習方法(選択可) 履修
必修 選択 S SR R
1年次 人間学・仏教系科目群 人間学特講 4 必修
12単位
仏教史特講 4
1・2年次 仏教学特論 4
人間倫理特論 4 選択
16単位
以上
ターミナルケア特論 4
現代仏教特殊研究 4
仏教・思想系科目群 インド思想特講 4
インド語仏教文献講読 4
中国思想特講 4
近代仏教特講 4
インド仏教特講 4
中国仏教特講 4
東南アジア仏教特講 4
外国語仏教文献購読 4
浄土教特講 4
真宗概論 4
真宗史 4
浄土教理史 4
真宗学特講 4
仏教文化特講 4
2年次 特定課題研究演習 特定課題研究演習 4 必修
4単位
単位合計 84単位(必修:16単位/選択:68単位)
修了要件 32単位以上(必修:16単位/選択:16単位以上)
  • 下位学年の開講科目はどの科目でも履修できます。
    履修途中の科目は次年度以降の再履修になります。
    履修1年目に該当科目の単位を修得できなかった場合、翌年度に同一の学習方法で履修を継続する場合に限り、履修1年目の合格実績(レポート課題、スクーリングレポート科目のスクーリング)を2年目にのみ持ち越すことができます。この場合、履修2年目に関しては、授業料を納入する必要はありません。

学階課程

学階とは、浄土真宗本願寺派(西本願寺)における教師(同派末寺の住職になれる僧侶)の資格のひとつです。真宗学、仏教学に通じた者に与えられる学位で、得業・助教・輔教・司教・勧学の5段階があります。本研究科では以下の科目を履修すると学階を受けるための得業予試・本試が免除され、直接、殿試受験(初めての学階授与を願う者が受けるための試験)が可能になります。

区分 科目名
必修 仏教基礎入門 ※修了要件に含まれません。
真宗概論
浄土教理史
仏教学特論 【修了必修】
インド仏教特講
真宗学特講
浄土教特講
1科目選択 仏教史特講 【修了必修】
真宗史

補完教育科目

本研究科の基礎となる学部の専門教育を受けていない方のために、大学学部の学科専門科目を補完的に履修することができます。これらの科目の履修は無料ですが、あくまで補完として履修するものであり、科目の単位は修得できません。

科目区分 科目名
仏教・思想系科目 仏教基礎入門
共生の原理(仏教縁起論)
仏教史
宗教学概論
ヒンドゥーの文化と思想
仏教美術
仏教文化入門

大学院入学案内はこちらから

入学案内