武蔵野大学 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学です

武蔵野大学 MUSASHINO UNIVERSITY 通信教育部

印刷する

学科・専攻紹介
kango_top.jpg

看護学コース
(科目等履修生)

学士(看護学)取得を目指す

「実践と知識を繋げる」
実践を通しての看護理論や概念の理解、
さらにアセスメント力を深め、臨床における教育力や
管理にも役立つ知識を探究する学びの場です。

本コースの特色

[このような方におすすめです]

  • 学士(看護学)の学位を取得したい方。
  • 仕事を続けながら必要な単位を取得し、現在の仕事と両立しながら
    学びたい方。
  • 新たな領域への転職やキャリアアップを目指す方。
  • 専門性を磨き、大学院進学を目指す方。

出願資格

3年制短期大学または3年 制専門学校を卒業した看護師

対象となるのは、修業年限3年以上かつ卒業に必要な総修得単位数が93単位以上(総授業時間数が2,550時間以上)である短期大学、または専修学校専門課程を卒業した方です。

学士(看護学)授与について

入学から学士取得までの流れ

dummy_11.jpg

学士(看護学)の学位取得には、本学で学位申請に必要な単位を修得した後に、大学評価・学位授与機構へ申請し、試験と審査に合格しなくてはなりません。学位授与制度については、大学評価・学位授与機構ホームページの『新しい学士への途』を参考にしてください
なお、本学に正科生として併願した場合、正科生在学中に学位申請することはできません。

学位授与制度(学位申請)についての詳細は、
大学評価・学位授与機構(042-307-1550)へお問い合わせください。

学位取得のサポート

学位取得をサポートするために、大学評価・学位授与機構への申請方法からレポート作成の手順まで、分かりやすく説明する懇談会を開催しています。また、修了生を含めた学生同士の懇談は、情報交換や困りごとの解決につながっています。

懇談会の内容

学位授与機構への申請方法について

学位取得に向けて実際に準備を進められるように、学位取得までの流れ、計画、申請に必要な書類などについて、本学教員がご説明します。

レポート作成について

学習成果としてのレポートの作成手順、求められる文章・構成・倫理的配慮などについて、本学教員がご説明します。

学生間の情報交換・問題解決

学生同士の懇談の機会を設けています。レポート作成の進捗や困りごとを話し合い、情報交換や解決につなげます。看護学コースを修了された方も参加しますので、在学生には良い刺激になっています。

個別相談

個人的な相談を希望される方に対して、個別相談を受け付けています。本学教員が相談に応じます。
※懇談会は武蔵野キャンパスでの開催となります。
※看護学コースを修了された後でも参加できます。

カリキュラム紹介


一般科目
区分 授業科目 単位数
一般科目 大学基礎〈STR〉※M 1
人間論〈ST〉※M 4
心理学概論〈T〉 4
臨床心理学〈T〉 4
死生学〈T〉 4
生命倫理〈T〉 4
15単位以上を修得 計21

看護学コース 講義内容の一覧はこちら

科目名右の〈 〉内のアルファベットは学習方法を表します。 科目名右の数字は単位数を、( )内の数字はその科目の単位数のうちスクーリング単位数を表します。

  • 〈SR〉・・・スクーリング・レポート科目
  • 〈ST〉・・・スクーリング・テスト科目
  • 〈S〉・・・スクーリング科目
  • 〈STR〉・・・スクーリング・テストレポート科目
  • 〈R〉・・・レポート科目
  • 〈TR〉・・・テストレポート科目

各学習方法の詳細については学習方法をご確認ください
看護師を養成する3年制の短期大学・専門学校を卒業している場合、看護専門科目16単位以上と一般科目15単位以上を修得(主に自宅学習)することで、学位申請資格を満たすことができます。
※Mはメディア授業開講予定科目

武蔵野大学で学ぶ

安心の学習サポート

武蔵野大学通信教育部の魅力

大学入学案内はこちらをご覧ください

入学案内