武蔵野大学 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学です

武蔵野大学 MUSASHINO UNIVERSITY 通信教育部

印刷する

修学上の情報 武蔵野大学3つの方針

人間科学部 3つの方針

学位授与方針 (ディプロマ・ポリシー)

  1. 1. 心理学、仏教学、社会福祉学の専門的知識を身につけていること。
  2. 2. 現代社会や現代人が抱える心の問題を心理学、仏教学、社会福祉学の側面から考える能力を身につけていること。
  3. 3. 人間の心の本質を探究し、総合的視野で深く人間を理解できること。

教育課程編成方針 (カリキュラム・ポリシー)

人間科学部の教育課程は、一般教養を学ぶ共通科目と専門科目を学ぶ学科科目から編成されている。
共通科目は、建学の精神を培う「建学科目(必修)」、テーマに沿って学び、思考力や表現力などの能動的能力、問題発見・解決能力を伸ばす「セルフディベ ロプメント科目」、外国語と体育に関する「コミュニケーション科目」「健康体育科目」を体系的に履修させ、国際化や体力が脆弱化した現代社会に対応できる 能力を身につけさせる。

学科科目は、それぞれの専攻において、必修の基礎科目と選択科目によって編成されている。基礎科目は、主に1年次と2年次に配当され、応用・実践力を身につけさせる選択科目との連携を図っている。選択科目はコース・科目群にまとめられ、心理学専攻では「臨床心理コース」「産業心理コース」「学校心理コース」「看護心理コース」、仏教学専攻では「仏教基礎科目群」「浄土教科目群」「仏教思想科目群」「仏教文化科目群」、社会福祉専攻では「社会福祉系科目」「演習・実習系科目」にまとめられ、それぞれの分野における専門的知識と応用・実践力を体系的に理解する能力を身につけさせる。
これらの科目を履修することによって、心理学専攻では認定心理士等の資格、社会福祉専攻では社会福祉士(受験資格)の資格を取得可能にする。

入学者の受入方針 (アドミッション・ポリシー)

人間科学部は、学位授与方針に記した内容を理解し、教育課程に積極的に取り組む姿勢を持ち、達成能力があり、自主的に時間管理ができ、社会に貢献する意欲を持った学生を受け入れる。

教育学部3つの方針

学位授与方針 (ディプロマ・ポリシー)

教育学部では、学識・情操・品性の優れた人格、教育に対する幅広い視野、そして小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭にふさわしい汎用的能力を身につけた学生に学位を授与する。

児童教育学科

児童教育学科では、所定の124単位を修得し、以下の要件を備える者に学士(児童教育学)の学位を授与する。

  1. 1. 小学校教諭免許状又は中学校・高等学校教諭免許状の取得を前提として、自己の目指す資格・免許の取得に必要な知識と技術を身につけていること。
  2. 2. 児童期あるいは青年期の子どもの発達を特に深く理解するとともに、児童期から青年期までの子どもの発達全体の見通しを持つことができる者。

教育課程編成方針 (カリキュラム・ポリシー)

教育学部では、学部の専門教育に必要な基礎力を修得するために共通科目を編成するとともに、専門教育においては、子どもを育み、教える立場に立つ者が備えるべき資質の育成並びに教員として実践力・即戦力を育成するためのカリキュラムを編成する。

児童教育学科

児童教育学科では、共通科目を踏まえ、専門教育として学科の小学校専修、国語科専修、英語科専修の各専修に対応して、以下のようにカリキュラムを編成する。

  1. 1. 学科の共通科目では、建学の精神を培う「建学科目(必修)」、テーマに沿って学び、思考力や表現力などの能動的能力、問題発見・解決能力を伸ばす「セルフディベロップメント科目」、外国語と体育に関する「コミュニケーション科目」「健康体育科目」を体系的に履修させ、国際化や体力が脆弱化した現代社会に対応できる能力を身につけさせる。
  2. 2. 小学校専修は、小学校教諭を養成する専修であり、児童期の心身の発達に関する科目と初等教育に関する科目を置く。
  3. 3. 国語科専修は、中学校教諭(国語)・高等学校教諭(国語・書道)を養成する専修であり、青年期の心身の発達に関する科目と中等教育に関する科目を置く。
  4. 4. 英語科専修は、中学校教諭(英語)・高等学校教諭(英語)を養成する専修であり、青年期の心身の発達に関する科目と中等教育に関する科目を置く。

入学者の受入方針 (アドミッション・ポリシー)

子どもの発達を長いスパンでとらえ、教育と学習の過程を全体的、多面的に理解していく意欲を持った者を求める。

児童教育学科

入学者の受け入れ方針として、以下のような能力・意欲を有する者を求める。

  1. 1. 初等教育から中等教育まで幅広い視野に立って多角的に教育現場を捉え、教育及び教育支援に携わることを目指す者。
  2. 2. 専門知識・技術はもちろんのこと、幅広い人間性やコミュニーケション能力、広い視野を持った教育のスペシャリストを目指す者。
  3. 3. 子どもがどのように育っていくのかを長いスパンで見通すことで、教育、教育支援の対象を子どもだけではなく、保護者や地域の方々を対象と考えられることを目指す者。

入学者選考は、上記方針に基づいて、下記に挙げる点に留意して実施する。

  1. 1. 児童教育学科の教育方針に相応しい人材を多面的に審査・評価する。
  2. 2. 基礎学力と専門教育に関係する教科の理解度、並びに人物の適性等について審査・評価する。
  3. 3. 学力だけでは見出すことのできない能力や意欲、将来の可能性等を高校在学時の活動状況等から審査・評価する。