武蔵野大学 MUSASHINO UNIVERSITY 通信教育部

印刷する

環境学研究科 環境マネジメント専攻

専攻紹介

img__940470.jpg

次世代に向けた環境マネジメント能力を育成する

21世紀の人類社会が迎える“地球環境の資源の有限性と環境容量の制約”に対応する社会システムの実現が必要不可欠であり、これを実現するための環境 人材が求められています。

本研究科では、「地域社会の環境マネジメント」「環境経営」「エコプロダクツ」の3領域について学べる科目を配置し、3領域の全体像を理解するとともに、1領域を深く学修します。「特定課題研究演習」では、「接続可能な社会の条件に関する考察」「都市環境・地域環境における環境負荷低減のための対策」「事業所における環境マネジメント手法の利用・開発」「製品の環境負荷低減とエコプロダクツ」の中からひとつのテーマを選び、論文を仕上げます。これらを学ぶことにより環境マネジメント能力を発揮して、企業及び地域の環境負荷削減、持続可能な社会の実現に貢献できる人材を育成します。

学位 修士(環境学)
修業年限 2年(最長在学年数:6年)
入学定員 10名
入学時期 4月

教育訓練給付制度

環境学研究科 環境マネジメント専攻では、厚生労働大臣指定の教育訓練給付制度を利用することができます。

詳しくは こちら

学習方法(S・SR・R)

スクーリング(S)、スクーリング・レポート(SR)、レポート(R)のうち、科目ごとに設定されている学習方法で学習します。

スクーリング会場:有明キャンパス

開講方法および日程・時間割は科目によって異なります。

修了要件

40単位以上(必修:16単位/選択:24単位以上)

2年以上在学し、必修12単位を含む36単位以上を修得し、かつ特定課題研究演習(4単位)の成果の審査および試験の合格が必要です。

なお、特定課題研究演習を履修するためには、以下の条件があります。

  • 履修前年度までに「環境アジェンダ研究」および「環境経営論」の単位を修得
  • 履修前年度の指定された日までに「研究計画書」を提出
  • 2年次開講科目の「地域環境マネジメント科目群」、「環境経営科目群」および「エコプロダクツ科目群」から特定課題研究の内容と関係する科目を履修

特定課題研究演習

一般的に、大学院では修士論文の執筆が必修になりますが、本研究科では修士論文にかえて特定課題研究演習の成果を提出します。
以下のテーマ(1)~(4)の中から1つを選択し、事例調査やフィールド調査によって、持続可能性の観点から解決策をまとめ、発表します。

指定課題

(1) 持続可能な社会の条件に関する考察について
(2) 都市環境・地域環境における環境負荷低減のための地域社会特性や自然環境特性に応じたハード及びソフト対策について
(3) 事業所における環境マネジメントシステムの構想、構築、戦略システムとしての利用、新たな環境マネジメント手法等開発について
(4) 企業の製造部門等における環境負荷の定量化・軽減策及びエコプロダクツ、そこから派生するビジネスモデルの創出について

指導教員一覧(2019年度)

2019年度参考のため、変更になる場合があります。

教員名:五十音順

明石 修 環境システム学 / 環境・エネルギー・経済統合評価モデル / 低炭素社会 / 持続可能社会
伊尾木 慶子 リモートセンシング
一方井 誠治 環境学 / 持続可能システム / 環境経済学、環境政策、経済と環境
髙橋 和枝 分析化学 / 合成化学 / 機能性高分子 / 環境材料学 / 環境影響評価
真名垣 聡 環境動態解析 / 環境影響評価 / 環境リスク制御・評価
村松 陸雄 越境論 / 環境心理学 / 行動科学 / ESD論

カリキュラム(2020年度予定)

予定のため、開講科目と学習方法は変更になる場合があります。

科目名 単位数 学習方法
R S SR
共通科目群
1年次
環境アジェンダ研究 [ 必修 ] 4
環境経営論 [ 必修 ] 4
環境学演習 [ 必修 ] 4
地域環境マネジメント科目群
1年次
緑地環境計画論 2
都市環境心理学 2
地域環境政策論 2
2年次
環境コミュニケーション論 2
システム・ダイナミックス論 2
環境経営科目群
1年次
CSR論 2
環境マネジメントシステム論 2
環境対策研究 2
2年次
ライフサイクルアセスメント論 2
環境会計論 2
省資源・省エネルギー論 2
エコプロダクツ科目群
1年次
環境化学物質論 2
環境材料工学 2
環境デザイン論 2
2年次
環境配慮設計・プロセス論 2
地域活性化デザイン論 2
資源循環・リサイクル論 2
環境マネジメント演習
2年次
特定課題研究演習 [ 必修 ] 4

正科生のみ

  • 下位学年の開講科目はどの科目でも履修できます。
  • 履修途中の科目は次年度以降の再履修になります。
  • 履修1年目の科目(スクーリング科目を除く)の単位を修得できなかった場合、翌年度に同一の学習方法で履修を継続する場合に限り、履修1年目の合格実績を2年目にのみ持ち越すことができます。この場合、履修2年目に関しては、授業料を納入する必要はありません。