武蔵野大学 MUSASHINO UNIVERSITY 通信教育部

印刷する

人間社会研究科 人間学専攻
img__940470.jpg

専攻紹介

宗教、思想、心理学から”人間 ”にアプローチする新しい学問を追及

近年、日本では、社会、経済、政治において意識の変化や価値観の多様化が急速に進んでいます。高齢化、核家族化、医療技術の進歩に伴う人間の死生観の変化、長寿に伴う看護や介護等の生老病死の問題など現代特有の様々な問題は、社会の混乱、人間の疎外化などを引き起こしています。このように、かつて経験したことのない社会環境の質的かつ量的変化の中にあって、真の意味における「人間の心」の問題に真っ向から取り組み、人間関係の新しい構築や修復を図れる人材を養成することを目的とします。

「人間とは何か」「生きるとは何か」「いのちとは何か」など人生の根幹の問題であるテーマに対し、思想・哲学、心理学、保健・福祉などの側面から学際的にアプローチします。他者の悩みを真摯に受け止め、アドバイスをするなど、共に悲しみ、悩む人々に寄り添う存在となり得る医療人や福祉関係者及び宗教者などのブラッシュアップを図ります。

学位 修士(人間学)
修業年限 2年(最長在学年数:6年)
入学定員 60名
入学時期 4月

学習方法(S・SR・R)

スクーリング(S)、スクーリング・レポート(SR)、レポート(R)のうち、科目ごとに設定されている学習方法からいずれかを選択して学習します。学習方法が1つの科目は選択できません。

スクーリング会場

スクーリング会場:有明キャンパス

※一部の科目は武蔵野キャンパスで実施

開講方法および日程・時間割は科目によって異なります。

修了要件

40単位以上(必修:24単位/選択:16単位以上)

2年以上在学し、必修20単位を含む36単位以上を修得し、かつ特定課題研究演習(4単位)の成果の審査および試験の合格が必要です。

特定課題研究演習は、履修前年度までに1年次開講の必修5科目のうち4科目(16単位)以上を修得、ならびに履修前年度の指定された日までに研究計画書を提出していることが履修条件となります。

カリキュラム(2019年度)

年次 科目区分 科目名 単位 学習方法(選択可) 履修
必修 選択 S SR R
1年次 人間学系科目 人間学特講 4 必修
20単位
死生学特講 4
老年学特講 4
グリーフケア特講 4
カウンセリング特講 4
2年次 仏教・思想系科目 インド思想学特講 4 選択
16単位以上

※8単位を上限に他研究科科目を選択することができます
中国思想特講 4
西洋思想特講 4
仏教文化特講 4
比較宗教特論 4
人間倫理特論 4
心理系科目 発達心理学特講 4
認知心理学特講 4
人格心理学特講 4
社会心理学特講 4
環境心理学特講 4
保健・福祉系科目 精神保健学特論 2
ケースワーク特論 4
ターミナルケア特論 4
2年次 特定課題研究演習 特定課題研究演習 4 必修
4単位
単位合計 78単位(必修24単位/選択54単位)
修了要件 40単位以上(必修24単位/選択16単位以上)

正科生のみ

  • 下位学年の開講科目はどの科目でも履修できます。
  • 履修途中の科目は次年度以降の再履修になります。
  • 履修1年目の科目(スクーリング科目を除く)の単位を修得できなかった場合、翌年度に同一の学習方法で履修を継続する場合に限り、履修1年目の合格実績を2年目にのみ持ち越すことができます。この場合、履修2年目に関しては、授業料を納入する必要はありません。

補完教育科目

本専攻の基礎となる学部の専門教育を受けていない方のために、大学学部の学科専門科目を補完的に履修することができます。これらの科目の履修は無料ですが、あくまで補完として履修するものであり、科目の単位は修得できません。

科目区分 科目名
仏教・思想系科目 仏教基礎入門
共生の原理(仏教縁起論)
仏教史
宗教学概論
ヒンドゥーの文化と思想
仏教美術
仏教文化入門
心理系科目 心理学概論
発達心理学
パーソナリティ心理学
社会心理学
臨床心理学

大学院入学案内はこちらから

入学案内