武蔵野大学 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学です

武蔵野大学 MUSASHINO UNIVERSITY 通信教育部

印刷する

学科・専攻紹介
english_top.jpg

英語科専修
(1年次入学/3年次編入/科目等履修生)

中学校教諭一種(英語)、 高等学校教諭一種(英語)の
免許状取得を目指す

英語科専修では中学校教諭一種(英語)、高等学校教諭一種(英語)免許状の取得を目指す、教職課程の科目を中心にカリキュラムを編成しています。また、スクールカウンセラーが配置されるようになり、教員には心理学視点も求められています。既設の人間科学部人間科学科の一部科目を履修することにより、人間のこころにより深い理解を持つ人材の育成を目指します。

カリキュラム紹介

共通科目(1年次入学生のみ)
区分 授業科目 単位数 開講年次
建学科目 仏教(自己を見つめる)〈SR〉※M 【必修】 4(2) 1年
基礎科目 大学基礎〈STR〉※M 1(0) 1年
セルフディベロプメント科目 人と社会の共生(現代社会論)〈ST〉※M 4(2) 1年
異性間の共生(ジェンダー論)〈SR〉※M 4(2)
人と自然の共生(人間環境論)〈ST〉※M 4(2)
地域と世界の共生(国際協力論)〈ST〉※M 4(2)
共生の原理(仏教縁起論)〈ST〉※M 4(2) 2・3・4年
宗教と音楽〈SR〉 4(2)
市民論〈SR〉※M 4(2)
女性と労働〈SR〉※M 4(2)
環境デザイン論〈SR〉 4(2)
異文化コミュニケーション〈SR〉 4(2)
コミュニケーション科目 英語コミュニケーション(1)〈T〉 2 1年
英語コミュニケーション(2)〈T〉 2 2・3・4年
英語コミュニケーション(3)〈T〉 2
英語コミュニケーション(4)〈T〉 2
メディアコミュニケーション(1)〈R〉 2
1年
メディアコミュニケーション(2)〈T〉 2
メディアコミュニケーション(3)〈R〉 2
2・3・4年
メディアコミュニケーション(4)〈R〉 2
健康体育科目 ウエルネス演習〈SR〉 2(1) 1年
21科目開講 48単位以上選択必修
(うち「仏教(自己を見つめる)」4単位必修)
計63(23)

共通科目 講義内容の一覧はこちら



英語科専修 学科科目
開講年次 授業科目 学習方法 必修 選択 内S
1 教育法規
教育法規(日本国憲法) 〈T〉 2
学科基礎科目
発達心理学1 〈T〉 2
教育原理 〈T〉 2
学科展開科目
〈中等教育関連科目群〉
教育相談(カウンセリング含む)【中・高】 〈T〉 2
〈教科・基礎技能関連科目群〉
Practical Communication A 〈T〉 4
現代英米事情 〈T〉 4
〈他学部他学科履修科目〉
Listening & Reading A 〈S〉 2 (2)
Listening & Reading B 〈S〉 2 (2)
異文化理解 〈R〉 4
小計 9科目24単位開講(うち8単位必修) 8 16 (4)
2 学科基幹科目
教育心理学(教職) 〈T〉 1
発達心理学2 〈T〉 2
教育課程論【中学校・高等学校】 〈T〉 2
学科展開科目
〈中等教育関連科目群〉
生徒・進路指導論 〈T〉 2
〈指導法関連科目群〉
英語科指導法Ⅰ 〈SR〉 2 (0)
英語科指導法Ⅱ 〈SR〉 2 (0)
〈教科・基礎技能関連科目群〉
英語学 〈T〉 4
英米文学・文化史 〈T〉 4
Practical Communication B 〈T〉 4
〈教科・応用科目群〉
英語文化特殊講義A 〈T〉 4
英語文化特殊講義B 〈T〉 4
〈他学部他学科履修科目〉
学習心理学 〈T〉 4
臨床心理学 〈T〉 4
社会心理学 〈T〉 4
認知心理学 〈R〉 4
心理教育評価 〈ST〉 4 (2)
精神医学 〈T〉 2
学校カウンセリング 〈SR〉 4 (2)
家族関係論 〈ST〉 4 (2)
パーソナリティ心理学 〈T〉 4
小計

20科目65単位開講(うち20単位必修)

20 45 (6)
3 学科基幹科目
教職論 〈T〉 2
教育の制度 〈T〉 2
学科展開科目
〈中等教育関連科目群〉
特別活動の指導法【中学校・高等学校】 〈SR〉 2 (0)
道徳教育の理論と方法【中学校】 〈ST〉 2 (0)
教育の方法と技術【中・高】 〈T〉 2
障害児教育 〈T〉 2
〈指導法関連科目群〉
英語科指導法Ⅲ 〈SR〉 2 (0)
英語科指導法Ⅳ 〈SR〉 2 (0)
〈教科・基礎技能関連科目群〉
英米詩 〈R〉
4
英米児童文学 〈R〉
4
英語文化特殊講義C 〈T〉
4
英語文化特殊講義D 〈T〉
4
小計 12科目32単位開講 (うち16単位必修) 16 16 (0)
4 実習科目
教育実習【中学校・高等学校】 〈S〉 3 (3)
教育実習【中学校】 〈S〉 2 (2)
教職実践演習(小・中・高) 〈SR〉 2 (0)
小計 3科目7単位開講(うち0単位必修) 0 7 (5)
学科科目合計 44科目128単位開講(うち44単位必修) 44 84 (15)

英語科専修 講義内容の一覧はこちら

科目名右の〈 〉内のアルファベットは学習方法を表します。 科目名右の数字は単位数を、( )内の数字はその科目の単位数のうちスクーリング単位数を表します。

  • 〈SR〉・・・スクーリング・レポート科目
  • 〈ST〉・・・スクーリング・テスト科目
  • 〈S〉・・・スクーリング科目
  • 〈STR〉・・・スクーリング・テストレポート科目
  • 〈R〉・・・レポート科目
  • 〈TR〉・・・テストレポート科目

各学習方法の詳細については学習方法をご確認ください
※Mはメディア授業開講予定科目

卒業所要単位 合計 124単位以上 (内スクーリング単位30単位以上)
共通科目 必修科目 4単位 選択必修 44単位以上
学科科目 必修科目 44単位 選択科目 32単位以上

教員免許状の取得は卒業要件ではありません。

教育免許状については、こちらをご確認ください。

3年次では共通科目と学科科目を、4年次では学科科目を2年間で学習します。
教免必修科目*1に加え、選択科目から教員免許取得に必要な科目を修得して、卒業*2することで、中学校教諭一種(英語)、高等学校教諭一種(英語)免許状を同時に取得できるカリキュラムです。
*1「教免必修」は教員免許状取得のための必修科目であり、卒業要件としての必修ではありません。
*2教員免許状を取得せずに卒業することもできます。また、すでに大学を卒業された方は本学を卒業する必要はありません。

…教育実習を実施する場合、これらの科目を実習の前年度までに修得している必要があります。4年次に教育実習を受ける場合、3年次での修得が必要です

共通科目(3年次)
開講年次 授業科目 学習方法 教免必修 選択 内S
3 コミュニケーション科目
英語コミュニケーション1  〈T〉 2
メディアコミュニケーション4  〈R〉 2
健康体育科目
ウエルネス演習  〈SR〉 2 (1)
共通科目合計 3科目6単位開講 (うち6単位教免必修) 6 (1)

共通科目 講義内容の一覧はこちら


学科科目(3年次)
開講年次 授業科目 学習方法 教免必修 選択 内S
3 基礎科目
大学基礎※M 〈STR〉 1 (0)
学科基礎科目
教育法規(日本国憲法) 〈T〉 2
【教育法規】
発達心理学1 〈T〉 2
教育原理  〈T〉 2
【学科基幹科目】
教育心理学(教職)  〈T〉 1
発達心理学2 〈T〉 2
教職論  〈T〉 2
教育課程論【中学校・高等学校】 〈T〉 2
学科展開科目
〈中等教育関連科目群〉
教育相談(カウンセリング含む)【中・高】 〈T〉 2
〈指導法関連科目群〉
英語科指導法Ⅰ  〈SR〉 2 (0)
英語科指導法Ⅱ  〈SR〉 2 (0)
〈教科・基礎技能関連科目群〉
英語学 〈T〉 4
Practical Communication A 〈T〉 4
現代英米事情 〈T〉 4
〈他学部他学科履修科目〉
Listening & Reading A 〈S〉 2 (2)
Listening & Reading B 〈S〉 2 (2)
異文化理解 〈R〉 4
小計 17科目40単位開講(うち31単位は教免必修) 31 9 (4)


学科科目(4年次)
開講年次 授業科目 学習方法 教免必修 選択 内S
4 学科基幹科目
教育の制度 〈T〉 2
学科展開科目
中等教育関連科目群
特別活動指導法【中学校・高等学校】 〈SR〉 2 (0)
道徳教育の理論と方法【中学校】 〈ST〉 2 (0)
教育の方法と技術【中・高】 〈T〉 2
生徒・進路指導論 〈T〉 2
障害児教育 〈T〉 2
〈指導法関連科目群〉
英語科指導法Ⅲ 〈SR〉 2 (0)
英語科指導法Ⅳ 〈SR〉 2 (0)
〈教科・基礎技能関連科目群〉
英米文学・文化史 〈T〉 4
Practical Communication B 〈T〉 4
〈教科・応用科目群〉
英語文化特殊講義A 〈T〉 4
英語文化特殊講義B 〈T〉 4
英米詩 〈R〉 4
英米児童文学 〈R〉 4
英語文化特殊講義C 〈T〉 4
英語文化特殊講義D 〈T〉 4
実習科目
教育実習【中学校・高等学校】 〈S〉 3 (3)
教育実習【中学校】 〈S〉 2 (2)
教職実践演習(小・中・高) 〈SR〉 2 (0)
〈他学部他学科履修科目〉
学習心理学 〈T〉 4
臨床心理学 〈T〉 4
社会心理学 〈T〉 4
認知心理学 〈R〉 4
心理教育評価 〈ST/T〉 4 (2/-)
精神医学 〈T〉 2
学校カウンセリング 〈SR/R〉 4 (2/-)
家族関係論 〈ST/T〉 4 (2/-)
パーソナリティ心理学 〈T〉 4
小計 28科目89単位開講(うち25単位は教免必修) 25 64 (11)
学科科目合計 45科目129単位開講(うち56単位は教免必修) 56 73 (15)

英語科専修 講義内容の一覧はこちら

科目名右の〈 〉内のアルファベットは学習方法を表します。
科目名右の数字は単位数を、( )内の数字はその科目の単位数のうちスクーリング単位数を表します。

  • 〈SR〉・・・スクーリング・レポート科目
  • 〈ST〉・・・スクーリング・テスト科目
  • 〈S〉・・・スクーリング科目
  • 〈STR〉・・・スクーリング・テストレポート科目
  • 〈R〉・・・レポート科目
  • 〈TR〉・・・テストレポート科目

各学習方法の詳細については学習方法をご確認ください

卒業所要単位 68単位以上(包括認定56単位)※
合計124単位

※ 大学卒業には124単位以上の修得が必要になりますが、3年次編入の場合はそのうち56単位分を既に修得しているとみなし(包括認定)、残りの68単位以上が卒業に必要な単位数となります。

  • ・他大学を既に卒業して基礎資格をお持ちの方は、本学を卒業せずに教員免許状を取得することができます。
  • ・教員免許状の取得は卒業要件ではありません。

すでに教員免許状をお持ちの方(過去に教職課程を履修した方)

3年次編入のカリキュラムには、卒業要件としての必修科目はありませんので、隣接校種の免許状取得、所有免許状の一種への上進など、様々な目的に応じて、本専修で免許状申請に必要な科目のみを修得することで取得できます。なお、一種免許状の取得には大学卒業が必要ですので、大学を卒業されていない方は必要科目の単位修得とともに本学を卒業することが必要です。

必ず免許申請をする都道府県の教育委員会に不足する科目を確認してください。

中学校教諭一種及び高等学校教諭一種免許状に必要な単位
中学校一種 高等学校一種
基礎資格 大学卒業 大学卒業
教職に関する科目 31 23
教科に関する科目 20 20
教科又は教職に関する科目 8 16
合計 59 59

教育職員免許法施行規則第66条の6に定められる科目について

出身大学(または短期大学)で修得していない場合は、必ず履修する必要があります。

免許法施行規則に定める
科目区分
本学の開講科目
科目名 学習方法 単位数
日本国憲法 教育法規(日本国憲法) T 2
体育 ウエルネス演習 SR 2
外国語コミュニケーション 英語コミュニケーション1 T 2
情報機器の操作 メディアコミュニケーション4 R 2

本学英語科専修で開講している科目と免許法施行規則に定める科目の対照表

*最低修得単位を超えて修得した「教科に関する科目」または「教職に関する科目」について、併せて修得。

介護等体験について

中学校の教員免許状取得希望者は7日間の「介護等体験」を行うことが定められています。

武蔵野大学で学ぶ

安心の学習サポート

  • 学習サポート
    学校生活サポート
  • 科目担当教員に加えチューターによる学習指導はもちろん、学習の進め方など科目内容以外の支援を担うメンターが個別にサポートします。

武蔵野大学通信教育部の魅力

大学入学案内はこちらをご覧ください

入学案内