武蔵野大学大学院 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学院です

印刷する

人間社会研究科 実践福祉学専攻

専攻紹介

#

実践と理論を融合させることにより、その先の福祉を確立

現代社会において、福祉の実践と理論の乖離が指摘され続けています。これは福祉が新しい学問であることが、その要因の1つと考えられ、今後も暗中模索の状況が継続すると言っても過言ではないでしょう。しかし、高齢化や少子化をはじめとする、さまざまな社会状況の変化の中で、福祉のあり方も変わってきています。したがって、よりよい福祉の実現のためには、福祉の実践と理論の融合が焦眉の急であるといえます。

2018年4月に開設した実践福祉学専攻は、福祉の領域を、加速度的に発展させるために、福祉の実践と理論をしっかり繋げることを大きな目標として掲げスタートします。現場で行われている実践を帰納的に理論化し、これまで紡がれてきた理論を結びつけることで、福祉の領域は深まります。これにより支援を必要としている人たちの生活課題の緩和・解決の方法が普遍化されることにつながると考えます。さらに、生活課題が生じている社会的な背景を明らかにし、そこに切り込んでいくことで、より良い環境へと導くことができるでしょう。本専攻で学ぶみなさんが、そのような循環を実践の場で生み出せるような知見が身につくことを願っています。

学位 修士(社会福祉学)
修業年限 2年(最長在学年数:6年)
入学定員 10名
入学時期 4月

学習方法(S・R)

スクーリング(S)、レポート(R)のうち、科目ごとに設定されている学習方法からいずれかを選択して学習します。
学習方法が1つの科目は選択できません。

スクーリング会場

スクーリング会場:武蔵野キャンパス

開講方法および日程・時間割は科目によって異なります。

修了要件

30単位以上(必修:7単位/選択:23単位以上)

2年以上在学し、必修3単位を含む26単位以上を修得し、かつ特定課題研究演習(4単位)の成果の審査および試験の合格が必要です。

特定課題研究演習は、履修前年度までに1年次開講の必修2科目(3単位)を修得、ならびに履修前年度の指定された日までに研究計画書を提出していることが履修条件となります。

カリキュラム

2019年度カリキュラム(予定)のため、開講科目と学習方法は変更となる場合があります。

年次 科目区分 科目名 単位数 学習方法(選択可) 履修
必修 選択 S R
1年次 実践研究基盤科目群 社会福祉理論研究 2 必修
3単位
調査研究指導科目群 ソーシャルワークリサーチ演習 1
実践研究基盤科目群 仏教と共生原理 2

選択
23単位
以上

ソーシャルワーク理論研究 2
社会福祉制度政策研究 2
実践技能研究科目群 ケースワーク特論 2
グループワーク特論 2
コミュニティワーク特論 2
スーパービジョン特論 2
ケースマネジメント特論 2
ソーシャルアドミニストレーション特論 2
プログラムエバリュエーション特論 2
チームアプローチ特論 2
ソーシャルワークリサーチ特論 2
ケースカンファレンス特論 2
調査研究指導科目群 フィールドワーク演習 1
2年次 調査研究指導科目群
特定課題研究演習 4  - 必修
4単位
単位合計 34単位(必修:7単位/選択:27単位)
修了要件 30単位以上(必修:7単位/選択:23単位以上)
  • 下位学年の開講科目はどの科目でも履修できます。
    履修途中の科目は次年度以降の再履修になります。
    履修1年目に該当科目の単位を修得できなかった場合、翌年度に同一の学習方法で履修を継続する場合に限り、履修1年目の合格実績(レポート課題、スクーリングレポート科目のスクーリング)を2年目にのみ持ち越すことができます。この場合、履修2年目に関しては、授業料を納入する必要はありません。

大学院入学案内はこちらから

入学案内