武蔵野大学 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学です

武蔵野大学 MUSASHINO UNIVERSITY 通信教育部

印刷する

WBT機能について

WBTを体験してみよう!

WBT[通信教育]システム体験
インターネット出願体験

上記をクリックすると体験版が開きます。


学習に必要なパソコン環境と
映像コンテンツ視聴の注意

学習に必要なパソコン環境

こちらをご確認ください。


メディア授業サンプル(映像コンテンツ)視聴の注意

以下の「サンプル」ボタンをクリックし、映像コンテンツが正しく表示されない場合は、本番のメディア授業も受講いただけない可能性があります。(メディア授業とはスクーリング科目の受講方法のひとつですが、メディア授業を受講しなくても卒業は可能です。)

サンプル

※このサンプルは第1講「仏教(自己を見つめる)」です。動作確認にご利用ください。
※サンプルでは、動画とスライド資料が表示されていますが、平成25年度より、大半の科目は動画のみのコンテンツになりました。

※パソコンで映像コンテンツをご覧いただくにはFlash Player (無償)が必要です。
視聴できない場合は、最新の「Flash Player」をダウンロードして
インストールしてください。

大学からのお知らせを見たり、
メンター(学習相談員)や事務室に
メールで質問できます。

WBTは履修はもちろんのこと、学生生活に必要な機能を持ちあわせており、通信教育でありながら学生が孤独にならずに効率よく学習を進められるよう、様々な工夫がなされています。
※各項目をクリックするとWBTの各機能のイメージ画面をご覧いただけます。

掲示板
全学生へのお知らせを掲示します。

メール
メンター及び事務室とメールによるやりとりができます。

WEB教材を利用したり、
レポートを提出したり。
WEB試験までWBTから受けられます。

シラバス(スタディガイド)
履修は教科書を中心に各学生のペースで進めていきますが、自宅でも適切かつ効率よく学習できるように本学では教科書の学習を補助するサブテキストとしてWBT上に科目ごとのスタディガイドを用意しています。シラバス(スタディガイド)は各科目の担当教員が作成したオリジナル教材です。

レポート提出
パソコンにより作成したレポートをWBTを通して提出し、担当教員が添削指導を行います。WBTにより従来型の郵送添削に比べ、スピーディーな添削指導が実現します。
リンク先から「仏教(自己を見つめる)」をクリックしてください。

WEB試験
WBTにより通信教育においても「テスト科目」が実現しました。これらの科目ではWBT上で出題され、瞬時に結果が表示されるエクササイズ(小テスト)を繰返し受けることで、より効率のよい知識の習得を図ります。 エクササイズ同様に単位認定試験もWBT上で出題されるので、試験会場に出向くことなくいつでも自宅で受験できます。 ※単位認定試験がレポートとなる科目もあります。

WEB辞典
心理学及び仏教の専門用語や参考文献リストが検索できるWEB辞典です。
本来は有料ですが、通信教育部学生の皆様はWBTにログインすることで無料でいつでも好きなだけご利用いただけます。

電子教科書
従来の本の教科書ももちろん配付しますが、一部については電子教科書としてWBT上にアップロードしています。本を持ち歩かなくてもWBTにログインすれば教科書を読むことができます。

科目担当の教員やチューター(学習指導員)に科目の質問ができます。

履修科目 Q&A
学習中に疑問が生じたらWBT上のメールで教員に直接質問ができます。

学生同士がネット上で交流できます。

C.フォーラム
学生と教員が参加できるコミュニケーション・フォーラムです。学生同士の情報交換や意見交換や各地域での勉強会開催などに役立っています。

大学入学案内はこちらをご覧ください

入学案内