武蔵野大学/大学院 通信教育部はインターネットを利用して学べる通信制大学/通信制大学院です

印刷する

在校生/卒業生インタビュー

学習満足度調査

全学生を対象に学習満足度等に関するアンケートを実施しています。
全体的に学習やシステムへの満足度が高いという結果を得ていますが、アンケート結果を参考に様々な改善を行うことによって、年々評価は更に高まっています。

アンケート集計結果(グラフ)

Q1.本通信教育部での学習に全体的に満足していますか。

2011_zentai.gif

Q2.通信教育システムWBTを利用した学習の総合的な満足度についてお答えください。

2011_wbt_manzoku.gif

Q3.レポート学習(提出・添削など)の満足度についてお答えください。

2011_report.gif

Q4.WEB試験(テスト科目のエクササイズ、単位認定試験)の満足度についてお答えください。

2011_webtest.gif

Q5.メディア授業の満足度についてお答えください。 (利用したことがある方のみ)

2011_media.gif

Q6.科目Q&Aでの学習指導(質問への回答)の満足度についてお答えください。 (利用したことがある方のみ)

2011_qanda.gif

Q7.事務対応(電話/WEBメール/Eメール)の満足度についてお答えください。 (利用したことがある方のみ)

2011_officesupport.gif

Q8.メンター(学習相談員)制度の満足度についてお答えください。 (利用したことがある方のみ)

2011_mentor.gif

Q9.学習は計画どおり進んでいますか。

2011_gakusyukeikaku.gif

Q10.週に平均何日くらいWBTにアクセスされますか。

2011_wbtaccess.gif

Q11.現在の通信教育部で特に充実しているものは何だと思いますか。(複数選択)

2011_jyujitsu.gif

アンケート結果からの分析

〔武蔵野大学での学習の全体的な満足度について(Q1)〕

「大変満足している」「満足している」を合計すると78.4%に達し、本学の学習については概ね満足しているという結果が得られました。2008年度に行った同質問では72.1%であったので、大きくポイントを伸ばしました。

〔武蔵野独自の通信教育システムWBTを利用した学習について(Q2~Q4)〕

「Q2.通信教育システムWBTを利用した学習の総合的な満足度」について、「大変満足している」「満足している」を合計すると81.0%となり、Q2と比べてもやや上回りWBTによる学習を導入していることが評価されていることが伺えます。

「Q3.レポート学習(提出・添削など)の満足度」については、「大変満足している」「満足してい る」を合計すると60.0%で他の項目より低いポイントとなりました。また、大学においては「満足していない」の回答が6.9%あり、通信制大学において はレポート学習がカギである様子がわかります。

「Q4.WEB試験(テスト科目のエクササイズ、単位認定試験)の満足度」について、「大変満足している」「満足している」を合計すると79.0%となり、WEB試験を利用した学習については概ね高い評価を受けました。

〔サポート環境などの満足度(Q6~Q9)〕

「Q6. 科目Q&Aでの学習指導(質問への回答)の満足度」では、他の質問項目より「大変満足している」「満足している」の合計は59.2%でした。グラ フには表れていませんが、「利用したことがない」と答えた方も回答者全体の4割ほどいますので、より利用しやすい環境づくりが大切であるようです。

「Q7.事務対応(電話/WEBメール/Eメール)の満足度」についても、「利用したことがない」の回答が2割強いらっしゃいましたが、それを除くと「大変満足している」「満足している」の合計値は80%を超え学生さんの満足度が高いことが伺われます。

「Q8.メンター(学習相談員)制度の満足度」では、やはり「利用したことがない」という回答が6割以上でした。個別のコメントでは非常に良いコメントを多くいただきました。

〔学習環境などに関する質問(Q9~Q10)〕

「Q9.学習は計画どおり進んでいますか。」では、計画どおりに進んでいないという回答が多く、働きながら学ぶことの難しさが表れています。個別のコメントを見ると学習内容ではレポートに関するもの、学生生活では学習時間の確保に関するものを多くいただきました。

「Q10.週に平均何日くらいWBTにアクセスされますか。」については、「週に1日~2日」以上ア クセスすると答えた学生が大半を占めました。本調査そのものをWEB上で行ったため比較的アクセスが多い、利用頻度の高い学生から回答が得られたことによ るものと思われます。